湯島のホテルユーがとても最高な件!ビジホ、ラブホ、休憩でも!

ホテルユー内装 ホテル
スポンサーリンク

よく上野で飲むようになってみつけたホテル、HOTEL U(ホテルユー)。

上野駅周辺ってふらっといけるホテルってあんまりないんですよね。あるとしてもちょっと格式高そうなところとか、入りづらい古びたホテルとか。

でもちょっと湯島駅方面に足を延ばせばホテルはありますよ。

ちょっと前は他の場所をよく利用していた時期があったけど、上野で飲むようになってからは、けっこうな頻度のヘビーユーザーになってました。

それくらい使い勝手のいいホテルです。

実際に行ってみての感想をつらつら書いて行きます。

※2019年時点での情報です。現在は違うかもしれません。

ホテルユーのいいところ!

見た目がビジネスホテル

ネオンがギラギラしてない普通のビジネスホテルっぽい外観。
ビジネスホテルとしての利用でも、ちょっとした休憩に使ってもいい感じ。

お菓子、ケーキ、アイスが無料

ホテル入り口に駄菓子コーナー、ケーキ、アイスがあり、駄菓子は取り放題、ケーキ、アイスは1組につき2個までOK!

生ビール一人につき一杯サービス、ペットボトル(2L)1本とポテチもサービス!
生ビールを一人につき一杯サービスしてくれます。屋台とかでよくある紙コップに注ぐ生ビールです。
ペットボトル(2L)もお茶か烏龍茶かお水を1本くれます。
さらにポテチも一袋サービス。

お水サービスってだいたいのホテルにはあるけれど、500mlのを1本か2本くらい。
でも私にとっては足りなくて、ホテルって乾燥するから、お水をけっこう飲むし、サービスのコーヒーを入れると足りなくなりそうだけど、2Lなら余裕!

ベッドがテンピュールで寝心地いい

ベットはテンピュールを使用しているので、寝心地抜群!ベッドの大きさは部屋によって違うので、彼氏が体の大きい人だったらちょっと狭い部屋があるかも。

湯島駅のすぐ上だから帰りやすい
ホテルを出てすぐ隣に湯島駅の入り口があるので、すぐに帰れる!
ちょっと歩けば銀座線上野広小路駅があるし、JR上野駅もあるので、交通の便はいい感じ。

マンガが置いてある部屋がある

50冊くらいだけどマンガが置いてある部屋があります。興味ないマンガだったらあってもなくてもいいかもしれないけど笑

全室に電マがある

全室に電マ常備。けれど部屋によっては電源が遠いところもあるので、使いづらいことがあるかも。

比較的値段が安いしチェックアウトが11時

宿泊でしか泊まったことがないけど、周辺のホテルに比べたら安いし、チェックアウトは11時だから、ちょっとゆっくりできる。
チェックアウトが1時間違うだけで全然違う気がする。
たまに10時までだったらいいよ、と部屋を解放してくれたり、逆に10時だったけど11時まででもいいよ、と融通きかせてくれる笑

メンバーズカードを作れば10%オフ!
メンバーズカードを作れば、料金から10%オフ!しかもポイントがたまって、たまったポイントでプレゼントがもらえる。
私はすでにアマゾンカード2000円分がもらえるくらいのポイントがたまった笑

メンバーズカードは無料で作れるので、今後も利用するかも、って人は作ったほうがいいです。

湯島駅入口すぐ

湯島駅の入り口がすぐ隣にあるので、電車に乗るギリギリまで寝ていられます!ただしそれによる弊害もアリ。

スポンサーリンク

ホテルユーのここがいまいち

電車の音がうるさい

湯島駅の真上にあるビルなので、電車のガタンゴトンの音が聞こえてくる…。
6階まで部屋があるのだけど、6階はかすかに聞こえる、2階は確実に聞こえるので、だいたいの部屋で聞こえる。
音に敏感な人はそこがちょっといやかも〜。

私も音があると寝れないタイプなので、電車が動き出す5時台に電車の音で一度目が覚める…。
まあそのあとまた寝ちゃうけど。

部屋によってはトイレ・バス一緒

部屋によってはトイレとお風呂が一緒。キレイなビジネスホテル風なので、ゆっくりお風呂に入りたい時にその部屋の時はがっかり。

トイレが狭い

トイレが無理やり作りました!っていうくらい狭い部屋がほとんど。
座るのが辛いトイレもある。これはなんとかして欲しいけど、無理だよね〜。

スポンサーリンク

ホテルユーの内装やアメニティは?

ホテルユーの内装はこんな感じ。

ホテルユー内装
ホテルユー内装
ホテルユー内装
ホテルユー内装

どの部屋もキレイ。

部屋によって広さはさまざま。ほぼベッドの部屋もあれば、ソファも置いてある部屋もあり、かなりだだっ広い部屋もある。
とはいえ、部屋の狭さは私はそこまで気にならないかな。
それよりもトイレの狭さが気になる…。

ホテルユー内装

6階は比較的広い部屋で、603はかなり広い。
窓が大きく、ラブホによくあるがっちりと窓が閉じられているやつじゃなく、カーテンで閉められているので、朝はうっすら日が差し込んでいい感じ。
でもちょっとした恐怖体験をしたので、そこにはもう泊まりたくない笑

アメニティは、他のホテルと同じようなラインナップ。
クラシエのもので、メイク落とし、洗顔、化粧水、乳液の一回使い切りのやつ。男性用の化粧水もある。
パックが必ず置いてある。

ドライヤーはいいものが置いてある部屋もあれば、小さい普通のものの部屋もある。

私はそこまで美容にこだわらないので、特に不満はないけど、できれば基礎化粧品は夜使う用と朝使う用に2回分あると嬉しい。

これはどのホテルにも言えることだけども。

スポンサーリンク

まとめ

湯島のホテルユーのいいところ、悪いところをあげてみました。
観光の宿泊にするもよし、デートの休憩にするもよし。
金曜日はやっぱり満室になるので早めにチェックインしといた方がいいかな。
チェックインした後でも外出できるので。

湯島に来たらぜひホテルユーを利用してみてね!

タイトルとURLをコピーしました