九份と夜中の爆走タクシーと台湾マッサージ

九分お茶屋さん 旅行
スポンサーリンク

ランタン祭りの困難を乗り越え、九份観光に繰り出しました。

瑞芳駅からバスで20分ほどで九份に到着。

しかし、着いたのが9時半ころだったので、お店はことごとく閉まってます。

提灯だけがぼぉっとともる閑散とした路地を抜けると、千と千尋に出て来た旅館のモデルと言われるお茶屋さんに到着!

お茶屋さんはまだ煌々と明かりがついていて、まだまだ開店中。
九分お茶屋さん

さっそく中でお茶セットを注文。

席はテラスのような広々としたところで、九份の夜景が見れました。

お茶セットは、お茶菓子4種類と10杯は飲めるであろう量のお茶。

とはいっても一杯はおちょこ分くらいなので、通常のお茶一杯を3杯くらいかな?

冷えた体に温かいお茶がしみる〜

九份は来た時間が遅すぎたので、お茶屋さんしか行けなかったけど、次は近くにホテルをとってじっくり見たいな〜

九分から台湾市内へはタクシーで

帰りはタクシーで帰ろうということで、道路でタクシーを捕まえる。

九份に行くバスのなかでナンパした女性2人とともに総勢12名でタクシー!

リーダー曰く、タクシーは6人乗りとのことだったけど、捕まえたのは6人乗りと4人乗りタクシー。

仕方なく、7人と5人にわかれて乗車。

おいおい、いいんかいな?

九份から台北市内までは約40分くらい。

高速道路?を走っていたとおもうけど、時速100km出しの、前の車をビュンビュン追い越す。

バスもそうだけど、海外の運転手って全般的に運転が荒くない?

ちょっとドキドキしつつも無事目的地に着いたので、一安心。

料金は一人250元なり。

 

もう23時を回っていたけど、ここから買い物組、台湾マッサージ組、宿に戻る組に分かれ解散。

私は台湾マッサージをしに。

夜中にもかかわらず、けっこうマッサージしてる現地人がいる印象。

最初に入ったお店は待ち時間が2時間!ってことでやめて、2件目のマッサージ屋さんで受けることができました。

それでも一気に6人なので、お店以外のマッサージ師さんを一人呼んでたみたい。

台湾マッサージは、最初に足湯、それからマッサージ。

足湯が疲れて冷えた足にしみるー

そしてマッサージ開始。

肩や首から始まり、足はふくらはぎ、足裏。

足裏のマッサージが痛いのなんのって。
ヒーヒー言ってしまった。

痛いっていう日本語はマッサージ師さんもわかるので、痛いというとちょっと弱めてくれます。

でも痛い。

悶絶しつつもマッサージした後は疲れがスッキリ!

40分コースで500元なので、
日本円で約1500円!安いですねー!

タイトルとURLをコピーしました